おおさかはひとつになって豊かになる

大阪都構想は「豊かな大阪」実現に向けた未来への基盤作りです。

大阪市の現状

そんな二重行政のムダをなくして豊かな大阪を取り戻す。

大阪都構想が実現すると、毎年約300億円から400億円の通常収支不足が解消されるだけだはなく、さらに新たに生み出される財源は累計で1400億円に近付きます。
民営化による効率的な経営がなされた場合、6200億円が資本価値であると試算されています。

ムダを省いた財源でできること